トップページ
会長の挨拶
ゾンタとは?
概要
活動予定
活動報告
委員会
お問合せ
エンブレムの由来
他クラブリンク
これまでの歩み
エンブレムの由来
 
ゾンタマーク

ゾンタのエンブレムは単なる装飾的デザインではない。
アメリカ原住民スー族のいくつかのシンボルからなる。
それは重ねてみると、ゾンシャンにとって特別の意味を帯びるシンボルである。
光線、日光あるいは閃光、範囲を広げて、”インスピレーション”までを表すスー族原住民のシンボルである。
 「共に立つ」あるいは「一つの目的のために団結する」という意味を持つシンボル。換言すれば、”忠実”という意味を持つ。忠実であれば一人一人の会員がクラブと結束し、クラブと地区、地区と国際ゾンタが結束する。
これは、スー族の「一緒に運ぶこと」のいい表し方である。一緒に運ぶということは、企業の管理職、及び専門職に携わる人達の世界的友情を通して理解、親善、平和の発展のために働くというゾンタの目的の達成にとって元も大事な要素である。
避難所を意味するスー族のシンボル。ゾンタの多くの奉仕事業は実際に、又、広い意味で、誰か、あるいは何かにとっての避難所である。従って、このシンボルはゾンタの目的、抱負、奉仕の精神を具体的な形で表現する。
正方形のシンボル化はスー族特有のものではなく、またアメリカ原住民特有のものでもない。それはおそらく「正直」「信頼」を表す上で、上記のシンボルよりもさらに古くからあるものと思われる。正直と信頼は全体の一つ一つの部分を結びあわせるための強力かつ重要な要素である。
このシンボル(多くのシンボルから構成される)が、正しく、正直で、信頼できる動機から奉仕と世界理解という素晴らし共有目標に忠実に誓う、成功を納めた経営者や専門職の人々の輝ける団体を意味するゾンタマークとなった。
1996-1998年度、国際ゾンタ理事会は、このマークに”Zonta International”という言葉を入れることを可決し、体裁を統一して全世界に国際ゾンタの認識を高めた。
 
Copyright© 2011 ゾンタクラブ. All Right sererved.